她们回到了家,就开始忙活起来(妈妈下班回家就开始忙起来)(妈妈一回到家就忙了起来一会儿)

生日贺卡上画着桃心形状的蛋糕,蛋糕上插着六根蜡烛,就表示六六大顺,还画了三朵小花,蛋糕还是夹层的,中间一层是巧克力,蛋糕上面中心写着“生日快乐”四个字上方写着“祝老爸:生日快乐,工作顺利,龙年吉祥。” 今天我们来到了姥姥姥爷家,正好倩倩小姨也来了,所以我们就在姥姥姥爷家给爸爸过生日。 今天是爸爸的生日,虽然说是过生日但是我的爸爸并没有来过这个生日,好像是家庭的矛盾吧。 我很伤心,但是我没有这个能力去搞一个属于我的爸爸的生日派对。我只能在心里默默地祝福这我的爸爸。 我的爸爸是招商局的副局长,在行的人因该知道这是一项累人的工作。我们全家人都反对我的爸爸当这个官,但是我的爸爸还是我行我素的。 在家里爸爸压根不管家里的事,和门市的事情。只在乎局里的事情。 大家都说当官就要当个清官,可是我的爸爸真的是太清了,别人送张苏果超市的卡面值才500元应改接受吧,可是我的爸爸就是不接受,我和妈妈也反复劝告过爸爸但是我的爸爸还是不听,我们只好知难而退了。 这就是我的爸爸! 爸爸的生日到了,明明妈妈奶奶为他准备了一桌可口的饭菜和一个大蛋糕,还有他的礼物。到了晚上爸爸还没回来,妈妈想:有可能上班太忙了,回不来。奶奶明明都这样想。叮叮叮,门铃响了,明明去开门,爸爸进来了,说:“儿童节快乐,明明!”说完,他把一个礼盒给了明明,明明又把一个礼盒递给了爸爸,说:“爸爸,生日快乐!”爸爸高兴地说:“哦,我差点忘了!” 说完,明明就拉着爸爸去吃饭了。啊,真是个美好的夜晚呀! 今天是我爸爸的生日,爸爸十分疼爱我。 一次,爸爸生病了,我放学时想:爸爸生病了,今天不会来接我了,我要自己回家。当我走出校门时,一眼就看见了站在门口等我的爸爸。我当时又吃惊又感动。今天我要给爸爸过一个有意义的生日,来感谢疼爱我的爸爸。我在蛋糕店订了一款蛋糕,又买了一些彩色的纸。我先是,做了一张生日卡,上面画着我和爸爸,还写着:“亲爱的爸爸,我爱你!”然后,我把生日卡放在一只干净的小食品袋里,在蛋糕下面挖了个小洞,把小袋子放进去。

最后,把蛋糕放好。这是我给爸爸的第一个惊喜。第二个惊喜是,我把挖出来的那块儿蛋糕,摆在一个即精致又漂亮的盘子里,并在蛋糕上面放了一个红樱桃,周围摆满了巧克力。小蛋糕太漂亮了,我真想吃一口。我用买来的彩纸折了一只大纸鹤和一些小纸鹤,在大纸鹤的身上打一些小孔,每个孔里穿上线,线上系着五彩缤纷的小纸鹤,在每只小纸鹤上都写着我对爸爸的祝福。然后,把它系在了门口。这是我给爸爸的最后一个惊喜。这样,准备工作做好了,就等爸爸回来了。 爸爸回来了,看见了我做的纸鹤和小蛋糕,非常感动。吃蛋糕时,他又发现了贺卡,便把我紧紧地抱在怀里,对我说:“这是我过得最好最有意义的生日,谢谢!”这时,我心里有说不出的快乐和喜悦。 我的书桌上有各式各样漂亮的文具,但我最喜欢的却是一支破旧的毛笔。 这毛笔是我十岁生日那天爸爸送给我的。爸爸生长在一个工人的家庭里,兄弟姐妹多,家境困难。爸爸从小就很懂事,刻苦学习,特别喜爱书法和美术。但是家里没钱买笔墨纸砚。爸爸就利用课余时间带领同学们去种菜,砍柴,卖给学校食堂,得到的钱,用来给弟弟妹妹交学费和补贴生活,同时自己也积蓄一点儿。 爸爸说,他初中毕业那年暑假,用平时积蓄的钱,一个人登上了去广州的汽车。在广州,爸爸哪儿也没去,只是到了书店文具店刻字社,仔细地看,反复地看。这支笔就是那时选中的。 从广州回来后,爸爸对这支笔爱不释手,经常通宵达旦地临帖练字习画。经过长年累月的苦练,他终于成为一名书画家。 改革开放以后,我家生活越来越好。爸爸事业有成,有了自己的房子和漂亮的汽车,以前的旧东西全都丢掉了,惟独这支毛笔还一直陪伴着爸爸。这支毛笔的笔杆很陈旧,而且还有一条又长又细的裂缝,笔头已经秃了,一点光泽也没有。但是爸爸十分珍爱它,时时把笔拿在手里,细细地观看,轻轻地抚摸。 我爱这支破旧的毛笔。我要以爸爸为榜样,珍惜时光,刻苦学习,争取成为一个有成就的人。 “到底送什么给爸爸好呢 ”今天是爸爸的生日,我正在绞尽脑汁。“鲜花 不行。贺卡 不行……”行人们听到我这番自言自语,都用一种怪异的目光打量着我。不管了,回家继续想。 “咦 ”一家蛋糕店的海报吸引了我的注意:本店退出“自己动手自己尝”活动,可以自己做蛋糕,名额有限,不容错过!这真是一个天大的好消息!我望了望妈妈,她似乎也对这个很感兴趣。我们便一起走进了蛋糕店。

おばさんは私のこの狼狽した様子を見て、笑ってナイフを持って、塗り始めた。そのおばさんの格好をすると、私の玉石路はすぐに滑らかな床になり、元のよりずっときれいになりました。続いてココナッツを入れて、プリンを並べることがうまくいった。ケーキが完成すると思っていた時、おばさんは大きな箱を持ってきて、中には数えきれないほどのチョコレートのくずが入っていて、チョコレートのくずをケーキの側面全体に覆いかぶせなければならなかった。私は中のプラスチック片を取り出し、すくって軽くケーキにこぼした。しかし、いつも正確にはできておらず、テーブルにこぼしてしまいます。プラスチック片を円弧状に折ると、補修の時間が多くなり、この重大な「工事」は完成した。最後に、飾りを敷いて、私の手で「お父さんの誕生日おめでとう!」このいくつかの字。包装が終わって、私はケーキを持って、夕焼けに向かってゆっくり歩いています。パパはきっと意外に喜んでくれるはず!私はひそかに考えていて、思わず足を速めてしまった……あさってはお父さんの誕生日で、私はとても嬉しいです!私が誕生日を過ごすたびに、お父さんとお母さんのおじいさんとおばあさんは小さなお祝いをしなければならないので、お父さんは私に小さな贈り物をしなければなりません。今、私も自分で「美しい」プレゼントを作って彼に贈って、彼に驚喜しなければなりません!ここまで考えると、私は心が美しくて……何をあげるのか何をあげるのか彼は一番満足しているのかこの2日間、私は苦心して考えて、寝食を忘れて心をこめて準備していました。ケーキの材料を探したり、誕生日カードを作ったり……。最後に、私はついに詩を選んで、昼の休憩時間を利用して、真剣に硬筆の書道に書いて、誕生日カードを作って、こっそりと地蔵することにしました。3月6日になりました!お父さんの誕生日がやってきた!!お昼に学校が終わって、私は家に飛んで帰って、私が苦労して作った精緻な贈り物を手に入れて見て、「この贈り物、お父さんは見たらきっととても好きです!」私は、父がどのように喜んでいるのか……と空想し始めた。しかし、食事の時間になったのに、父はどうしてまだ帰ってこないのかと聞いてみると、父は出張で成都に行ったので、今日は帰ってこないことが分かった。私は怒って足を踏み鳴らして、とてもがっかりして、プレゼントを引き裂くことができませんでした。ああ!よく考えてみると、これは結局私の労働によるもので、私は多くの心血を注いだ……。その後、母は私を慰めてくれた。「父は仕事のために、誕生日を過ごすことを放棄した。正しい!誕生日は重要ではない。父は仕事を第一にして、あなたが勉強を第一にすべきだと同じだ」。忘れられない誕生日でした!以前、私は誕生日を重く見ていました。今、父から一つの道理が分かりました:事業を重視すべきだ!今日はお父さんの40歳の誕生日で、お母さんの話を聞いて10歳、20歳、30歳の誕生日は少しよく過ごしなければなりません。だから私たちは牛愛客に食事に行くことにしました。私たちは可名、思沐……多くの人を招待しました。注文を始めて、メニューを見ているとよだれが出てきます。特にかき氷を見たとき、私たちが流したよだれは「三千尺」もあり、人を笑わせて大笑いしました。私たちも恥ずかしそうに笑った。私たちは1テーブルの料理を注文しました。3色アイスクリームアップルジュースマンゴージュースイチゴジュース子供ステーキがあります。すべて私たちが自分で選んだもので、おやつとして食べることができます。

ステーキを食べ終わったら、父は夜の自習に行くので、私たちも家に帰りました。お母さんは私に「ベイビー、お父さんは今年40歳なので、お父さんにプレゼントを買いなさい」と言いました。そこで私と母は私の貯金箱を開けて、30分のコインを数えて、私は全部で700余りのお金を貯めました。私は5毛のコインで「誕生日おめでとう」の4文字を並べて、それから私は50元を持って出て、町へプレゼントを買いに行きました。しかし、私は本当に何を買うか分かりません。最後に母は私にタオルを2枚買って父にあげることを提案しました。私が買った父なら好きになるからです。次の日、私が目を覚ましたばかりの時、父は部屋の電気をつけて、父は私が置いた「誕生日おめでとう」の4文字を撮りたいと思っていた。お父さんはきっととても楽しかったと思います。私たちが毎日こんなに楽しかったらいいな!今日、また5月14日、貝は自分の小遣いで、花束を買った。今日はお父さんの誕生日だから。夜、母と貝は大きな誕生日ケーキを用意し、貝は父のために三十六本のろうそくを灯し、テーブルの上に飲み物を2杯と自分が父のために描いた絵を置いた。8時ちょうど、彼女と母は父の後ろ姿だけの写真を見て、父のために誕生日おめでとうの歌を歌い始めたが、目には涙があふれていた。去年の今日、ベベとお母さんも大きな誕生日ケーキを用意して、お父さんの誕生日を祝うと約束したのを覚えています。しかし、この時のお父さんと彼の応急小隊はすでに四川省への救援に向かっていた。その夜、涙を流した貝は心の中でお父さんの無事を祈っていたが、お父さんは山石に押しつぶされたいくつかの家の中の子供を無事に救出するために、彼らを守るために努力していた。突然網がかかり、大きな石が落ちた。父は最後の子供を力いっぱい押した。自分は石に押されて部屋の中にいて、永遠に私たちを離れて、彼が深く恋しいこの世界を離れました。今夜、貝とお母さんは再びお父さんのために誕生日のろうそくを灯して、彼らは永遠にお父さんのために祝福して、天国の中のを祈ります.お父さん、お誕生日おめでとうございます。父の誕生日はもうすぐです。父の誕生日が来る前に、私はたくさんの誕生日プレゼントを考えて、最終的に父に暖かいハンドバッグを贈ることにしました。父の誕生日は寒い冬で、私はこの冬に父に暖かさと祝福を送りたいと思っています。小さい頃から私の誕生日まで、父は私にたくさんの贈り物をくれました。私の誕生日プレゼントは、父はすべて心を込めて選んだのです。これらの大小の贈り物、雪玉、人形、花瓶など、これらの贈り物はすべて父の私に対する愛を体現している。でも、今まで成長してきて、私はずっとお父さんの誕生日に誕生日プレゼントをあげていませんでした。

今年,在爸爸的生日上,我定要给爸爸送上一份惊喜。爸爸生日前几天,我拿上了自己存下来的压岁钱,在商场里逛悠了许久。我走过一个又一个商店,在里面挑选了一个又一个暖手袋,可是都让我失望了。我想找一个符合爸爸气质的暖手袋,不能太花哨,但也不能太暗沉,在我的挑挑选选之间,也就在我即将走出商店的时候,我终于找到了一个最合适的暖手袋。暖手袋是偏灰的,我最欢喜的是,暖手袋上用针线织出了两个让人瞧着就很暖心的字“爸爸”就这两个字,让我下定了决心,将它当做了我要送给爸爸的生日礼物。 我等啊等,一直等着爸爸生日那天到来,可是不过一两天的时间,却是让我好似过了几个月一般。终于,等到爸爸生日那天来临的时候,天一亮,我就迫不及待的冲进了爸爸的卧室。接着大喊一声:“爸爸,生日快乐!” 睡梦中的爸爸妈妈被我这一声呼喊惊醒,我迎着他们的目光,将暖手袋献宝似的,递到了爸爸的眼前。那一刻,我瞧得分明,爸爸笑了,笑得很开心。 今年,爸爸的生日过去了,爸爸又老了一岁,今后的日子里,我要好好孝敬父母。 我的爸爸妈妈都特别喜欢我,我也很喜欢他们,他们总是在我摔跤的时候第一个扶起我,在我犯错时第一个纠正我的错误。 今年爸爸过生日,我打算给他一个惊喜。,我精心准备了一份礼物:一张贺卡和手工折的好多只蝴蝶。我想爸爸一定会喜欢我送的礼物的。 爸爸的生日到了,一大早,我早早地来到了爸爸的床边。当爸爸睁开眼时,我一下子跳到了爸爸的身上,抱着爸爸说:“爸爸,生日快快乐!”爸爸抱紧我,开心地笑了。 到了晚上,我们在餐厅举行了生日派对,我们围坐在餐桌旁,一起给爸爸唱《生日快乐》歌。当爸爸许愿的时候,我悄悄地拿出了提前准备好的礼物,爸爸一阵惊喜,开心地抱起了我,说:“我的小宝贝,你真是太可爱了,谢谢你!” 妈妈的生日也马上要到了,我也要给妈妈准备一份惊喜,我想。于是,每天,只要我一有空,就开始忙忙碌碌地亲手制作妈妈的生日礼物。 我爱我的爸爸妈妈! 今天是星期六,恰好是爸爸的生日,妈妈一大清早就起来买菜和生日蛋糕,而我呢 也用我一个月的零花钱买了一束我最爱的紫罗兰送给爸爸做礼物。

朝9時、父はベッドから目を覚ました。その時、お母さんはもうおつまみを作ってお父さんが食べるのを待っていました!不思議なことに、お父さんは今日が彼の誕生日だということを忘れてしまった!父はいつものように、歯を磨いて顔を洗って、いつもパンを食べて牛乳の卵を食べます。私はそれを見て、前に出て「お父さん、今日は何の日か知っていますか」と聞いた。お父さんはためらわずに「私が給料を払う日です」と答えた。私はまた「あなたは半分しか当たっていません。まだありますよ」と聞きました。父はよく考えて、「今日は私たちの家の大掃除の日です!」私はもう一度丁寧に「あなたは本当に今日が何の日か知らないのですか」と聞いた。父は「この2つのこと以外に何がありますか」と言って、父は仕事箱を持って出勤した。私は母とこの状況が間違っているのを見て、相談して、夜に父に驚喜する準備をしました!2時間後、お父さんが帰ってきて、まだ吹いていないろうそくを吹いて、ろうそくを吹いて、お父さんは振り向いて、お母さんと私を抱いて、「これは私が史上最高の誕生日を過ごした!」今日は、お父さんの誕生日で、貝とお母さんは豊富な夕食と甘いケーキを用意して、貝はまた小遣いでお父さんに花束を買って、花はリボンを縛って、リボンには「お父さんの誕生日おめでとう」と書いてあります。彼ら3人はこの誕生日を楽しく祝った。今日はベベお父さんの誕生日です。お母さんはお父さんのために大きなケーキを用意して、貝はお父さんのために花束を用意して、そして「お父さん、お誕生日おめでとう」と甘い言葉を加えました!母はまだコップにジュースを入れている。彼女たちはお父さんが帰ってきてケーキを切るのを待っている。しかし、彼女たちは待っていてもお父さんの姿が見えなかったので、ベベは思わずお母さんに尋ねました。「お母さん、お父さんはどうしてまだ帰ってこないの」「彼は残業しているかもしれない!」母は笑って貝に言った。ベイベは少しがっかりして、「お父さんはいつ帰ってくるのだろう」と思った。彼女たちは真っ暗な夜にお父さんの帰りを待っていた。チャイムが突然鳴り、ベベは嬉しそうにドアを開けに走った。「お父さんが帰ってきた!」貝貝は興奮して叫んだ。父はやっと帰ってきて、彼はとても喜んで、家族はすべて甘い大きなケーキを食べて、貝は父に誕生日の歌を高らかに歌って、父は貝の行動に感動して、彼は貝を抱いて喜んで涙を流しました。あさってはお父さんの誕生日です。ここではお父さんのために何か書きたいと思っていますが、考えてみると、自分がこんなに不器用で、お父さんに対する感謝の気持ちはこんなに書きにくいように見えます!時間は本当に恐ろしいもので、それは人の青春の歳月を奪うことができて、それによって人をゆっくりと老化に向かわせて、両鬢は白髪だらけで、顔はしわだらけで……私の両親、私の両親もまさにこのような一日一日の高齢者への段階です。両親の老いぼれた顔を見るたびに、私の心はいつも痛くて痛くて……もし何か方法があれば、両親の老いへの歩みを止めることができて、どんな大きな代価でも私は支払いたいと思っています。しかし歳月は非情で、それは誰の乞食も許されない。

 她们回到了家,就开始忙活起来(妈妈下班回家就开始忙起来)(妈妈一回到家就忙了起来一会儿) 热门话题

而我们能为父母所做的除了祈祷还是祈祷,尽自己最大的努力活出最耀眼的光彩,这就是孩子给予父母最大的心慰!我们的幸福,我们的快乐,我们的平安就是给予父母最大的回报! 27号也就是下周五就到了我的生日,我祝福爸爸生日快乐,也祝自己生日快乐! 这是一个神奇又开心的日子,你们猜一下这是什么日子吧 对啦,这是我爸爸的生日。 我和妈妈打算前一天就给他弄好饭菜,可爸爸怎么样也不答应。就说:“不答应我当天的事当天做的话,你们别想过我的生日了,哼!”说到这儿就气乎乎地跑了。 一个难受的夜晚过去了。早晨,我和妈妈打算写一个计划表,是这样写的:一个中等的大约六寸的蛋糕和半只白烧鸡,外加三碗红汤面…… 正当我们写好了表格时,快要到我们定的时间了,我和妈妈很快地骑上小而高的电动车,向着卖菜的地方努力骑,没一会儿就买了满满一筐子的菜回来了。 在妈妈开始把菜和甜点一一拿出来时,那里面好像有了一小片金子似的,亮闪闪地,真是可爱呀!我一好奇,就立即把里面的东西全都拿了出来,又是一阵光芒,我小心翼翼地把盒子打开,这时我完完全全地被蛋糕迷住了!上面有着巧克力写的一排银色的“生日快乐”,下面有一层让我实在是太想流口水的东西——奶油,整个蛋糕看起来可真像一个小球啊! 这时,我们的大厨师妈妈已烧好了好吃又漂亮的饭菜,我们也在欢快地吃着美味的饭菜,爸爸突然说:“对不起,我不应该那样大声地说你们,但我觉得还是当天的事当天做才好,你们说呢 ” 今天是个特别的日子,你们知道为什么吗 告诉你们吧,今天是我爸爸的生日。 我和姐姐准备帮爸爸过一个特别盛大让人难以忘怀的生日,还准备给爸爸一个超级大的惊喜。所以我便让爷爷带着我和姐姐去蛋糕店买蛋糕,但是事情并没有我想象的那么简单,那是因为刚走出小区大门口的时候天空不作美,开始下起了蒙蒙的细雨。

[今日要闻]

但是为了爸爸的生日派对,我们并没有放弃,依然走到蛋糕店。我和姐姐在众多蛋糕中挑了好久,还是没有挑到好的蛋糕。有的蛋糕太油腻了,有的蛋糕太小了。 经过我和姐姐的精心挑选,终于选出了一个完美的蛋糕。我们交了定金,拿走了发票。然后我们又走到对面的小超市,给爸爸买了两个礼物:一根皮带,一个U型枕。因为我们看到爸爸的皮带已经很旧了,他一直不舍得换;U型枕是让爸爸午睡的时候用的。在回家的路上,我们又在一家小店里买了一袋气球和便利贴。然后我们兴高采烈地回到家中开始布置。我和姐姐把气球都吹满了气,挂在墙上电灯上。

そして私たちはお父さんへのサプライズを準備し始め、手がかりを使ってお父さんに私たちが用意したプレゼントを見つけさせました。私たちはすべての便利なシールに字を書いて、お父さんに一歩ずつ任務を完成させてプレゼントを見つけるようにしました。姉は字を書く責任がありますが、私はプレゼントを隠す責任があります。 「準備万端、東風に欠けているだけだ」と、やっと父が仕事から帰ってくるまで待っていた。彼は家に入って、部屋のカラフルな風船を見て、思わず「わっ」と叫んだ。私たちはお父さんに便利さを貼って、彼に指示通りに任務を完成させて、最終的にお父さんは私たちが彼にあげたベルトとU型枕を見つけて、私はお父さんの目が少し潤んでいるのを見ました。最後に、私たちはケーキを取り出して、「誕生日の歌」を歌いながら、手をたたいて、お父さんは口が合わないほど笑った。 私の父の誕生日は旧暦の2月で、記憶の箱を開けて、今年私はどのように父の誕生日を過ごしたのかを再現しましょう! その日の朝、私は今日がお父さんの誕生日だと知って、準備に着手しました。 ちょうど土曜日なので、午前中にスケッチの授業に行きます。授業が終わったのはもうお昼です。昼食をそこそこに食べ終わると、私は弟を引っ張って、お正月にもらったお年玉を持ってお父さんにプレゼントを買いに行きました。父の今年の誕生日がそんなに平板にならないように、私たちはわざわざ大潤発スーパーに行った。そこには選択肢が多いからだ。弟は食いしん坊で、まず考えたのは食べることだ。父は実家のものが好きだと言って、山椒筍を選んだ。私は 私は必死に誕生日を過ごしたとき、お父さんとお母さんが私に何を用意してくれたのか、誕生日に何が必要なのかを思い出しました。突然私は急に明るくなりました、そうですね!誰もが年に一度しか誕生日を過ごすことができないのに、誕生日にケーキがなくてはいけないのではないでしょうか。そこで、私はまた急いで階下のマデリーに走って、ショーウインドーを隔てて私は60元のケーキを見て、カウンターの前に来てお金を払って、従業員が包装してくれた後、私たちは急いで家に向かって、その時は空が暗くなって、家に帰った時はもう6時過ぎだった。母は料理を作っていますが、発見されなくてよかった。 家に着いて、私はまた思った。「誕生日、誰も祝ってくれないのにどうして誕生日と呼べるの でも、お父さんの友達はほとんど遠くにいるから、来ても2日後のことだ」。そこで私はまた考えました:“大きい友達は参加しないで、小さい友達を呼んで参加することができます。”そうですね。そこで私は何人かの友達を父の誕生日に招待しました。 夕食後、我慢できずに部屋に隠していたケーキという秘密を話してしまいました。神秘的にお父さんに言いました。「お父さん、後で大きな驚きを与えてあげるから、あまり興奮しないでね!」お父さんは「あなたの言うことを聞いて、私は本当に楽しみです」と言いました。 やっとケーキを食べる時間になりました。私はこの大きなケーキを出して、私の友達も続々と来て、父は驚喜して私たちを見ていました。そして、私は誕生日の歌を歌い始め、私の仲間たちも一緒に歌い始めました。「お誕生日おめでとう、お誕生日おめでとう…」 ろうそくを吹いて、私は言いました:“お父さん、誕生日おめでとう!” 父は「わあ!赤ちゃんたちが私の誕生日に付き合ってくれてありがとう!」と感激した。私は父の目に明るいものがあるのを見た。 私は「どういたしまして、これも私たちがすべきことです」とやんちゃに言った。

爸爸笑了,我好久没看见爸爸笑得那么开心了。 这天早晨,我刚睁开眼,就听见爸爸妈妈在商量订蛋糕的事情。我一脸疑惑地问道:“今天是谁的生日啊 ”爸爸捏了捏我的小脸,说道:“小家伙,今天是爸爸的生日哦。”我高兴得一蹦三尺高:“耶!我又可以吃生日蛋糕了!祝爸爸生日快乐!” 吃过早饭,妈妈就在厨房里忙开了。“叮叮当当……”厨房里的锅碗瓢盆忙得不亦乐乎。紧接着,一道道美食出锅了,这一桌子的美食真诱人!看着它们,不要说吃,单是闻闻,我都要淌口水了。 我喜滋滋地挤在爸爸妈妈中间,左瞧瞧爸爸,右瞅瞅妈妈,然后一把搂住他们,狠狠地亲了亲,笑声回荡在整个屋子里。 每次不管是爸爸妈妈,还是我自己过生日,总让我觉得无比开心,快乐而幸福。 “祝你生日快乐,祝你生日快乐……”我家厨房又一次传出了这快乐的音符,这生日的祝福可不是给我的,而是给我爸爸的。 每年我和弟弟过生日时,爸爸妈妈都会提前预定好我们爱吃的大蛋糕。生日当天,外公外婆奶奶姑姑都会来给我们过生日,发红包。生日前夕,我们都会期待好几天,高兴好几天。可爸爸过生日时就不一样了。 爸爸的生日是正月十一。爸爸妈妈都是教师,每年正月初八一开学,他们便投入紧张的工作中。开学后的第一周,事务繁杂,爸爸的生日便常常被遗忘;偶尔想起也只是简单地在楼下吃碗红烧面就立刻返校了。 那天早上,爸爸很早就到学校上课去了,我和妈妈弟弟开始忙碌地准备着,先去超市买菜,又到蛋糕店取回蛋糕。回到家,我和弟弟不仅帮妈妈择菜做饭,还做了水果拼盘。很快,芹菜炒肉鱼香肉丝西红柿炒鸡蛋虾仁炒韭菜土豆丝花生米……一桌丰盛的菜肴就摆好了,只等爸爸回来了。 我们在窗户前翘首以盼。叮咚一声门响了,爸爸放学回来了,我和弟弟一起去迎接爸爸,等爸爸进到家门以后我和弟弟异口同声地说:“老爸,生日快乐!”爸爸高兴地一把搂着我俩转了起来。 我和弟弟把爸爸拉到餐桌前,给他戴上生日帽,唱起了生日歌。爸爸吹灭生日蜡烛,高兴得嘴都合不拢了。唱完生日歌,弟弟拿起刀具准备切蛋糕,爸爸说:“别急,让我拍个照发在学校群里。”这一发不得了,几百条祝福的短信纷至沓来,爸爸高兴得发了一百个红包,一眨眼的功夫就被抢完了。 爸爸说这个生日他很快乐,不仅有我们的陪伴,还收获了那么多的祝福。看到爸爸高兴,我和弟弟也很开心,期待着明年爸爸的生日。

一天早上,贝贝和妈妈一起去超市买了一些生日物品,他们买的是甜津津的蛋糕可口的饮料一束五颜六色的花朵漂亮的彩带又买了很多彩色气球。 她们回到了家,就开始忙活起来。又是设计装饰,又是给彩色气球充气,妈妈小心翼翼的从梯子上爬上去,把漂亮的彩带高高的挂在墙上,然后,又用一些气球贴在墙上。不一会儿,整个屋子变得漂亮极了! 当然,肯定是少不了生日蛋糕呢!贝带有生日快乐的花纹桌,铺在桌上又端来一盘甜津津的蛋糕,还有几杯可口的饮料;妈妈还亲手做的几道美食,比如说:可乐鸡翅糖醋排骨番茄炒蛋,等等……… 到了晚上,她俩儿等啊等,连爸爸的影子也没有看到,几个时晨过去了,爸爸还是没有回家。贝贝爸爸的工作是警察,他可能在抓坏人,还有可能在值班。贝贝说:“妈妈,爸爸怎么还没有回来,”妈妈亲切地摸着贝贝的头说:“好孩子,爸爸可能有重要的事情,所以一时没有回来。”贝贝又说:“妈妈,没关系,爸爸不回来也是有原因的,再说他的职业伟大的,我相信他,我为他感到骄傲和自豪,即使他不在,我也感到幸福和快乐。” 当当当当!特殊的日子到了!呃......不对,我少说了句话——你知道今天是什么日子吗 嘿嘿,今天就是......爸爸的生日!哈哈哈哈哈! 早上,我连蹦带跳的跑出门,和正要进门的爸爸撞了个正着。“爸爸,生日快乐!”我高兴地大喊。“谢谢儿子!”爸爸说。中午,爸爸告诉我:“儿子,下午爸爸请了几个朋友和我一起过生日,一起吃饭喝酒。你去吗 ”“这还用问 当然,当然要去!”我说。我做了套卷子,复习了一下,然后睡了一会儿。起来后,我就和爸爸一起去吃饭了! 吃完饭,我还和小妹妹一起玩了编程游戏,他们都有些羡慕我呢! 八点钟到了,我和弟弟妹妹依依不舍地告别。由于明天要上课,所以,大家只好早点回家。 不过,我永远都会记得这个美好又快乐的夜晚! 幼年的我,不懂什么叫做生日,只知道,在每年的7月14日,我可以快快乐乐地吃奶油蛋糕。

6岁时,爸爸告诉了我妈妈外婆外公已故爷爷的生日。他用自己的大手握着我的小手,认真地说:“雨晨,你一定要记住这些日子,这对你很重要!”我数着:“妈妈外公外婆爷爷……那爸爸的生日呢 ”爸爸微笑着说:“爸爸忘了,你也不用记了。”“为什么你连自己的生日都会忘呢 ”我追问着。“为什么我要记住别人的生 ”“因为他们为你做了很多。妈妈把你带到这个世界,外婆把你拉扯大,外公照顾你妈又照顾你……生日就是你表达谢意的最好时机。”爸爸回答。 那天之后,我用了各种方法去调查他的生日:查记事本,找户口本身份证,猜日期,等等,就是没有一点儿眉目。正在我一筹莫展的时候,我忽然想起了妈妈。对呀,妈妈一定知道爸爸的生日,我怎么这么笨! 我撤娇地问妈妈:“妈妈,爸爸的生日是几号 ”妈妈说:“12月21日。”爸爸果然在骗我!我奇怪地问:“那爸爸为什么不吃奶油蛋糕 是不爱吃吗 ”妈妈笑着说:“傻孩子,小孩子才喜欢吃生日蛋糕。你可以动动脑筋,想想爸爸到底喜欢什么样的生日礼物。” 今年12月20日晚上,我开始琢磨送爸爸什么礼物好。爸爸爱吸烟,他原来的烟灰缸已经破了,要不就送他一个吧。不行,吸烟有害健康呀……有了,我画一个烟灰缸不就行了吗 第二天,当爸爸收到一个画在纸上的烟灰缸时,他笑了…… 明天就是爸爸的生日了,我和小姨以及妹妹一起来到蛋糕店,为爸爸订做了一个八十八元的十二寸“家和万事兴”生日蛋糕。爸爸工作很辛苦,而且生日的时候基本上都不会买蛋糕。因为在我的记忆中,从来都没有看见过爸爸生日买蛋糕,只是有一次请了几个亲人和同事到酒店,只有十几个人,只坐了一桌。在爸爸的生日这一点上我很惭愧,因为我都十二岁了,还是记不清爸爸的生日。但是爸爸对我,真的很好很好很好。

我亲爱的爸爸,是个很有耐心的人,从小就照顾我的吃喝拉撒。为了我的健康,天天早上起床,把花生,豆子,大米……等等,放在一个盅子里面,拿锤子砸碎,再给我熬羹。听爸爸说,盅子都砸烂了好几个呢!爸爸从小就教我识字,认数字,学简单的运算和诗歌。爸爸说:“霖霖,你要有知识,有文化,要比爸爸妈妈强。你看,那些卖菜的叔叔阿姨,没有文化,就只能守着家里的田地种田,酷暑和寒冬都要去照顾田地,不然就会颗粒无收。有些在工厂里面做工,工作那么累,热的时候没有空调,全身都沁着汗,冷的时候手上长满了冻疮,又红又肿。而我和你妈妈,就要好些,虽然工资不是很高,可是我们没有那么苦,只是工作有点多而已。”爸爸讲的很浅显,听完了,我似懂非懂地点点头。 现在我的成绩还不错,这都是爸爸每天都细心辅导我的成果,我真应该好好感谢爸爸。 爸爸对我有时严厉,有时像大哥哥一样和我玩。爸爸的笑很是让我安心,那是一种神奇的,无法形容的力量。 今天是爸爸的生日,小姨上午去接了爸爸回家,外公外婆也煮好了丰盛的午餐。我们在愉快的氛围中吃了午餐,大家都吃得好饱。由于太饱了,我们决定睡完午觉再吃蛋糕,吃完蛋糕,妹妹和小姨也该回成都了。 吃蛋糕的时候,由于外公的疏忽,把蜡烛和蛋糕盘都连同盒子丢掉了。不能许愿了,不能点蜡烛了,但是爸爸没有责怪外公,而是用叉子为我们细心地切好蛋糕,作为寿星的爸爸最后才吃。 吃蛋糕的过程很快乐,妹妹和妈妈还把一些奶油敷在了爸爸脸上,惹得我们笑声一串串。我急忙掏出手机,把这难得看见的“花脸爸爸”照了下来。 爸爸的生日就这么过去了,虽然很简单,但是我终于记住了爸爸的生日,八月二日。 今天是爸爸的生日,让我最愧疚的一件事就是,连一句“生日快乐”的简单的祝福都没有给爸爸说。 现在,我们说一说在饭店里的情况吧,我和爸爸妈妈还有弟弟一家——叔叔婶婶和峰峰,我们两家一起去吃饭,为爸爸庆祝一番。我们在饭店里吃了许多的美味的菜肴,喝了许多的甜甜的饮料,我们还玩了一会有趣的游戏。爸爸的生日,非常的普通,这让我想起了我生日的时候,我的生日,很有趣,有同学一起游戏,有蛋糕一起分享。这也让我体会到了对爸爸的不公平,当然,我现在要说最后一句话,那就是:“爸爸,生日快乐!” 今天是一个晴空万里的天气,我哼着歌回家。

到了家里,我闻到了一股香气扑鼻的菜香味,进入我鼻孔里,闻着香味,我寻到了厨房,没想到今天爸爸回来了,并且还在做菜,我拿起了一个东西,朝厨房里走去,可是我在门口迟疑了半天,不敢进去,我嘴巴像拉了一条拉链一样说不出话来,我怕我说了爸爸就会责怪我打扰他做饭,这可怎么办呢 这时妈妈推门而入,他买了我和爸爸最喜欢吃的牛肉,还买了我最喜欢吃的奶糖,我把那个东西塞进了荷包里,便津津有味的吃起了奶糖,我还留了几颗给爸爸。 当我重新鼓起勇气到厨房里,我又犹豫了一会儿,我大胆的说:“爸……爸!”爸爸吃惊的望了我一眼,我的嘴巴又说不出话了。爸爸严厉的对我说:“有什么事吗 ”“没。……没事!”爸爸便继续转身做菜了,我还是躲在了厨房的门后,我一直等到了吃饭的时间,一桌子的菜馋得我口水欲滴,我擦了擦口水对爸爸说:“爸爸,我想把这条领带送给你,请您收下吧!”我心想:这是我用自己的零花钱买的,请爸爸一定要收下呀!爸爸笑着收下了,还用手抚摸着我的头,妈妈也露出了甜美的笑容,他们还用手抚摸着我的头呢!顿时,我感受到了爸爸对我的爱。 吃饭时我们一起唱了生日歌,祝爸爸生日快乐。我爱我的爸爸。 今天是爸爸的生日。奶奶和爷爷特意买了一个大鲜奶蛋糕,妈妈为爸爸做了许多菜,有香气扑鼻的红烧肉,有红红的龙虾,有可口的冬瓜汤,还有青菜炒蘑菇等……小明还当了妈妈的小帮手。 爸爸生日那天,很多亲戚朋友来了,我的好朋友都来了。 我对他们说:“我们等下吃完饭去下面的游乐场玩。”“好呀。”他们异口同声地说。我狼吞虎咽把饭吃完了,刚好杨梓睿他们也吃完了。我们来到了游乐场,发现这里空无一人。我说:“哇,这里一个人也没有呀。”“难道我们不是人吗 ”欧沛沛说。杨炎茹咯咯地笑了起来。 我们刚玩一会儿,一个小女孩也来这玩了。那个小女孩对我们说:“你们在玩什么,我可以和你们一起玩吗 ”“好呀。”欧沛沛说。 欧沛沛问她:“你读几年级 你今年几岁了 ”小女孩说:“我读二年级,今年九岁了。”我们觉得很奇怪,我们也是九岁都读四年级了可是她怎么才读二年级呀 算了,还是等下回家问奶奶吧。

我们又开始玩了,欧沛沛说:“杨梓睿好矮呀,连这个读二年级的小女孩都比你高。”我们哈哈大笑。杨梓睿生气了,朝着我们跑来,好像要打我们。杨梓睿不敢打我和欧沛沛还有那个小女孩,就去打杨炎茹,结果把她打哭了。这时博哥哥神不知鬼不觉地走来了,把我们吓了一大跳,博哥哥发现杨炎茹哭了。就问我们怎么回事,我们把事情的来龙去脉告诉了博哥哥,博哥哥惩罚了杨梓睿。刚惩罚完,爸爸就来叫我们回家了。 今天真好玩。 三月十八日,是一个让我记忆犹新的日子,因为这一天是爸爸的生日。 记得在我过生日的时候,爸爸总是唠叨着让妈妈改善,给我买这买那的。而今天是爸爸的生日,我想饭桌上肯定又会是美味佳肴吧!可是令我吃惊的是今天吃的饭菜跟平时一样,一点也没有过生日的气象。我心中便充满了疑惑。 吃完饭后,爸爸又像往常一样下地干活去了,好像并不知道今天是自己的生日。 在以前爸爸过生日的时候,我曾经买了件小礼物送给他,尽管不贵,爸爸却总是很高兴。而这次虽然我的口袋里也有五元钱,但我却没有给他去买礼物。这也可能是我觉得自己已经长大了的缘故吧。其实是我错了。礼物的轻重爸爸其实一直并不在乎,他所看重的仅仅是那一份感情而已。当接到我的礼物的时候,可想而知爸爸是多么地高兴啊! 可怜天下父母心。到现在我才明白,父亲是为了节省才这样做的。而我过生日的时候爸爸却是那样的重视,可见父亲是多么地爱我呀! 于是我立下了一个志向:长大后我一定要好好地给爸爸做每一个生日。 相关文章: 精选爸爸生日作文三篇02-27 爸爸生日作文4篇02-05 精选爸爸生日作文4篇01-31 精选爸爸生日作文6篇07-25 爸爸的生日作文07-10 爸爸的生日作文07-03 爸爸的生日作文07-02 爸爸的生日作文06-30 爸爸的生日作文06-29 爸爸的生日作文06-26


1b

发表评论

Copyright 2002-2022 by 奢苞汽车专修网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.